ようこそお越しくださいました

このブログは
  ファイルの容量がいっぱいになったので
新しいブログに引っ越しました
もう少しそばにいて2」へどうぞ




 
ようこそお越しくださいました

4匹の猫たちの動画をつくりました
プロフィールの猫の絵をポチッと押してごらんください

老猫・高齢猫の記事は
サイドバーのカテゴリ(けっこう下のほうです)
「高齢猫 体の変化」または「老猫お二人様」をご覧下さい

 
コメントも大歓迎です♪
コメントではなくメールを、という方は
コメント欄で、メールアドレスを入れて下さい
アドレスは表示されないのでご安心を♪

 
飼い猫としての心得
これから飼い猫として暮らす上での注意点です
猫の皆様、ぜひお読みください
飼い猫として暮らす上での注意点

 
ニャンズ支援〜
「しっぽ天使といつも一緒! ☆Nyan's Diary☆」を応援しています
下のバナーからお入りください
banner-b.gif


 
illust1924_thumb.gif

2014年12月21日

黒い子保護の経緯

黒い子、無事に手術を終えました


最初に保護したのは12月17日でした
なんとかキャリーに入れて、その後、ケージに入れようとした際に
逃げちゃいまして

こりゃしばらく姿を見せないか?と思っていたら
なんのことは無い、
次の日(18日)の夕方ひょっこり姿を見せました
 
ガブガブ噛まれながらも、もう一度キャリーに入れて
今度は逃がさないようにケージに移し替えました

焦って保護したのにはわけがありました
ここ3〜4日くらいで、急速にお腹がパンパンになってきていたんです

急にパンパンって、どういうこと?って思いますよね

さっそく19日の朝、獣医さんで診察を受けました

レントゲンを撮ってみないと「何か?」ってのは分かんないようです
でも、どっちみち避妊手術をしていただくので
その時にこのパンパンの原因が分かるだろう、ということになりました
(私はひそかにウンチ?って思っていたんですが(^_^.))


手術を受けてから抜糸までは10日ほどの日数が必要なので、
本当なら19日の手術で年内はおしまいということだったらしいのですが
なんとか無理を言って20日に入れてもらいました

「もう〜、今日の手術でもう受け入れはおしまいって決めてたのに連れてくるんだもんな〜」
とぼやいていたとかいないとか



さてさて、パンパンの原因は 
「マンソン裂頭条虫」が腸内にいることでガスがたまったというビックリな内容でした

獣医師の「マンソン裂頭条虫ってさぁ、きしめんみたいな、、、」という説明に
「やめて!きしめんは名古屋人の心の友よっ!」と、激しく心の中で思う飼い主



黒い子には駆除のための注射をしていただきました


マンソン裂頭条虫は、カエルやヘビを捕食する事で体内に入るようです
野良猫や、放浪している猫が、エサとしてカエルやヘビを食べるとそこからね。。
マンソン裂頭条虫の卵は水中で孵化して、
その幼虫を水中のミジンコが飲みこみ、
さらにそのミジンコをカエルが飲みこみ、
カエルをヘビが飲みこみって感じで次々に感染していくようです
そのカエルやヘビをとって食べると猫にも、もちろん犬にも感染します
卵は水中で孵化する事と、宿主を最低2つ必要とするため
猫や犬から人への感染は無いのですが、
人がカエルやヘビを生で食べれば、そこで感染することはあるみたいです
まあ、そういうことをしなければ大丈夫ってことでしょうね



今回、避妊手術とともに血液検査もしていただき、
猫白血病などのウィルス感染もないことが分かりました

まあ、いろいろバタバタと片付いてヤレヤレな感じです

手術を終えて帰ってくると、さっそくエサをねだります
絶食していたので、少しだけ与えました
今朝は、チュールで薬を飲ませ(チュールは便利ね)
ドライを食べてご機嫌です
おなかの包帯を気にすることもなく相変わらず人の手をガブガブ噛んでいます

そのうち、ガブ子とか黒ガブとか呼んでしまいそうです(-_-;)



自分の気持ちの中では、
悲しい顔の子のほうが
可愛いし、大人しいし、体は大きいのに喧嘩が弱いし・・で、
私の気持ちをぐいぐいつかんでくるので
悲しい顔の子を保護したかったんですが
黒い子の異様なお腹に圧倒されて、黒い子保護に至りました
まあ、女の子だし、周りに茶トラや、それこそ悲しい顔の子っていうオスがいるから
いつお子ができても不思議ではないので
早いに越したことはなかったわけなんですが。。



その黒い子、ちょっとお脳が弱いようで
ベッドとして用意した箱をケージの2階部分に置いておいたんですが
それがひっくり返って下に落ち、
悪いことに水入れも一緒に引っくり返って
箱も中の毛布もぐしょ濡れになりました
もうベチャベチャで冷え冷えなのに、そこで震えながら寝ているんですね。。
箱のあった2階にはいちおうマットが敷いてあるので、そっちのほうがよほど暖かいだろうに。。

アホなの?って聞きながら、濡れたベッドを回収していたら
またガブガブ噛みついてきて・・

新しい箱はケージの柵にくくりつけて引っくり返らないようにし、
さらに、下の段から飛び乗りやすいように小さな踏み台を入れていやりました(背の低い椅子です)
そこに乗れば、簡単に2階へ行けるし、2階からも簡単に降りれます

普通の猫ならば、少し高い所には乗ってみますよね
で、「あ、ここから簡単に2階へ行けるわ」って気が付きますね

でも、黒い子はお脳が弱いようなので
踏み台は顔を掻くところだと認識し、絶対に乗りません
ただの「ケージ内を狭くしている邪魔な物」になっています

いつになったら気が付くのか
そして、いつになったら手をガブガブ噛んではいけないと理解するのか

噛むたびに「ダメ」って叱るんです
叱った時はビクッとしてやめます
でも、5秒もしないうちに忘れます

ちょっと先行き不安がいっぱいな黒い子です


応援してくださるとうれしいです

にほんブログ村 猫ブログ MIXその他猫へ p-gray2.gif ブログランキング・にほんブログ村へ 





ニックネーム あぐり at 15:33| Comment(6) | TrackBack(0) | 保護猫(黒い子) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページトップへ