ようこそお越しくださいました

このブログは
  ファイルの容量がいっぱいになったので
新しいブログに引っ越しました
もう少しそばにいて2」へどうぞ




 
ようこそお越しくださいました

4匹の猫たちの動画をつくりました
プロフィールの猫の絵をポチッと押してごらんください

老猫・高齢猫の記事は
サイドバーのカテゴリ(けっこう下のほうです)
「高齢猫 体の変化」または「老猫お二人様」をご覧下さい

 
コメントも大歓迎です♪
コメントではなくメールを、という方は
コメント欄で、メールアドレスを入れて下さい
アドレスは表示されないのでご安心を♪

 
飼い猫としての心得
これから飼い猫として暮らす上での注意点です
猫の皆様、ぜひお読みください
飼い猫として暮らす上での注意点

 
ニャンズ支援〜
「しっぽ天使といつも一緒! ☆Nyan's Diary☆」を応援しています
下のバナーからお入りください
banner-b.gif


 
illust1924_thumb.gif

2006年12月13日

猫と赤ちゃん・・おまけ

子ども達が大きくなるにつれて外で遊ぶ事が多くなり
家で猫を相手にする事は少なくなりました。

猫も子ども達への興味は「無い」に等しく
互いに「居るネ」って言うだけの存在になっていたのかもしれません。

猫の関心の対象は
餌をくれて、トイレを掃除してくれて、撫ぜてくれる私に戻ったのでしょう。

長男はチャボもタクも大好きだったのに、タクは長男が大嫌いでした。
その一人と一ニャンの2ショットが一枚だけあります。
P10103926.JPG
顔が今と同じなんで見えないようにしてありますが、
長男はとても嬉しそうなのに対して、
タクはものすごく迷惑そうです。
タクはこんなに嫌そうな顔をしているにもかかわらず、
長男に対して一度も爪を出した事がありません。
もちろん咬んだ事もありません。ただただビビッているだけでした。
それにしても一枚しか無い2ショットがこれでは・・


チャボの場合は
P10103935.JPG
二人の間にぐっつりハマっています。

同じ猫なのに、性格の違いがはっきり分かれていました。
私の子育てに猫が絡んでもうまく行ったのは
こうした猫の性格のなせる業です。

今現在、赤ちゃんと猫さんが同居されて居るご家庭はたくさんあると思います。
猫から受ける怪我ははっきり言って怖いです。
そのあたりはご家族が目を光らせていないとまずいです。

ただ、、
猫がお子さんにしてしまう事を叱ったり、
反対にお子さんが猫にしてしまう事を叱ったり・・
互いに「あいつのせいで叱られた」って思わせないように
そのあたり、知恵を使う必要はあります。
だって、その価値はありますもの!
猫に限らず生き物から貰える大切な物はたくさんあるんですから。
生き物を飼っていらっしゃる方ならきっとこの価値って分かると思います。

お互いが空気のような存在になれるといいデスね。




ニックネーム あぐり at 14:07| Comment(5) | TrackBack(1) | 出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何だか、チャボちゃん、タクちゃんと
お子様の自然体な写真が落ち着きますね〜
Posted by だるもん at 2006年12月13日 15:41
お子様の間に ぐっつりハマっている チャボちゃん・・
なんか いいですね〜
ホノボノ〜っとしてます(^^*)

タクちゃん 長男さんのこと 嫌いだったのですか〜!?
やっぱり 男の子って ちからまかせに
いったりするからなのかな・・
子供なりの愛情表現だったりするけど ね。。
Posted by すず at 2006年12月13日 16:01
猫って迷惑そうな顔しますよね(笑)
カンコロもしょっちゅうされてますよ。
そりゃ、その猫のためにしているときもありますが、ちょっと甘えたいときなどもあって、甘えにいくと、「うざい!!」という顔をされます
でも、いいの。って、その迷惑そうな顔をめでています。これが本当の迷惑かしら。
Posted by カンコロ at 2006年12月13日 17:43
ちゃぼちゃん!いい雰囲気でてますね猫(足)
なんだか三兄弟って感じで。

あぐりさんのいう「互いにあいつのせいだ!って思わせない知恵は必要ですね。
せっかく一緒に暮らしてるんですから仲良く、楽しく・・・が一番ですもん。

でもタクちゃんの嫌そうな顔。ひとごととは思えません顔(汗)
我が家でもよく見る顔です・・・
Posted by うにわさ at 2006年12月14日 00:04
◆だるもん様

だる家でも日々見られる光景だと思います。

媚びへつらう事も無く自然体でいられる存在が居るって、、いいですね。


◆すず様

大体の写真にはチャボの「何か」が入り込んでます。人の目の前に居る事が大好きな猫だったですからね。反対にタクは、いつも物陰からこっそり見ているタイプでした。

そんな性格の2ニャンですから、対するこちらも態度を変えないとなりませんでした。そうした技を心得ていない長男はスンゴク嫌われてましたョ(^^ゞ


◆カンコロ様

己が本能のままに生きてますから(笑)嫌なときは嫌って顔しますね。こちらが迷惑な時にはぜんぜん気がついてくれないくせにネ。そういう自己中な所が好かれる猫って特異な存在ですね。
人間が猫のように生きたらアッと言う間に村八分です(古!)


◆うにわさ様

ひとごととは思えないですか。。フフ・・なんだか目に浮かびます(^^ゞ

男の子って激しい動きをしますからね。
とんでもない事もしてくれますし。。
ビデオデッキにミニカーが収納されていたり、テレビ画面を磁石でなぞってくれたり(コレすごい事になるんですよ!)、、、
今では笑い話ですが、現場確認者の母としては絶叫の日々ですよね。

Posted by あぐり at 2006年12月14日 09:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/618720
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

黒猫親子に出会いました
Excerpt: 猫の手を借りてブログを作りました。話題はもちろん猫の事と、猫も癒されるモーツァルトに関するものです。楽しんでいただけたら嬉しいです。
Weblog: にゃんこブログ≪招く猫≫モーツァルト付き
Tracked: 2006-12-13 17:45
ページトップへ