ようこそお越しくださいました

このブログは
  ファイルの容量がいっぱいになったので
新しいブログに引っ越しました
もう少しそばにいて2」へどうぞ




 
ようこそお越しくださいました

4匹の猫たちの動画をつくりました
プロフィールの猫の絵をポチッと押してごらんください

老猫・高齢猫の記事は
サイドバーのカテゴリ(けっこう下のほうです)
「高齢猫 体の変化」または「老猫お二人様」をご覧下さい

 
コメントも大歓迎です♪
コメントではなくメールを、という方は
コメント欄で、メールアドレスを入れて下さい
アドレスは表示されないのでご安心を♪

 
飼い猫としての心得
これから飼い猫として暮らす上での注意点です
猫の皆様、ぜひお読みください
飼い猫として暮らす上での注意点

 
ニャンズ支援〜
「しっぽ天使といつも一緒! ☆Nyan's Diary☆」を応援しています
下のバナーからお入りください
banner-b.gif


 
illust1924_thumb.gif

2006年10月17日

虹の橋へ旅立たれました

「殿、お呼びですか?」の殿こと、海太君が旅立たれました。

海太君の介護人である眠り猫さんには、
タクが発病してから幾度も励ましのお言葉を頂きました。

立派に介護をされた眠り猫さん、、お疲れ様でした。




ミラクルな海太君の事です。今日もきっと元気だ!と思い
ブログにオジャマしましたら

虹の橋へ元気に・・という記事でした。

今頃は、他の猫さんたちと

   元気いっぱい走り回っている事でしょうね。
     こんなに愛されていたんだよ!と
       自慢話に花が咲いているんでしょうね。

無題61.GIF海太君、ありがとう無題41.GIF




ニックネーム あぐり at 15:06| Comment(10) | TrackBack(0) | お友だち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あぐりさんといい
眠り猫さんといい・・ほんと猫に恩返しされそうですね。立派過ぎて・・
朝起きたら玄関に魚が並べられてるかも・・・

海太くんのご冥福お祈りいたします。

Posted by さばトラ at 2006年10月17日 22:05
あぐりさん、海太の旅立ちを記事にして下さって、ありがとうございます!
介護人さんみなさんが憧れるような、最高の看取りができたこと、神様と海
太に深く感謝しています…。(^o^)
海太の身体は消えてしまいましたが、心はすぐそばにいてくれるのを、感じ
ています!
お供えすれば、「美味しいもの、うれしいなぁ、ありがとう!」って、元気な
頃のように大ハシャギしているな…と思うだけで、自然と笑顔になってしま
いますね。

あぐりさんや、応援して下さっていたみなさんには、ショックが大きかった
かもしれませんね…。驚かせてしまって、ごめんなさい。
どうか、悲しまないで下さいね…。
本当に海太は「後悔することはなにもない!」と、安らかに旅立っていきま
した。
それを信じている私も、笑顔でお見送りができ、そのあとも幸福感は続いて
います。
海太、長い間お世話になったね。眠り猫家の猫は、大仕事だったでしょ?(笑)
海太のおかげで、幸せな時間を過ごせたよ〜、ありがとう!!
海太と出会えて、本当によかった…海太も同じことを思ってくれていると、
信じています!
Posted by 眠り猫 at 2006年10月18日 01:24
さばトラさん

ありがとうございます。
今頃、チャーサンやタクちゃんと、楽しく遊んでいることでしょう!
大きな大きな愛情を、素直に示してくれる猫たちは、本当に愛しい存在です
ね…。生きていても、旅立っても、その愛しさに変わりはありません。

あぐりさん

かわいいイラストですね!!(*^^*)
チャボちゃんとタクちゃんですね〜。
海太はお一人様限定でしたが、弟分がいたら、チャボちゃんみたいな、面倒
見の良いお兄ちゃんになっていたような気がします…。
チャボちゃん、タクちゃん、新入りの海太と、仲良くしてやって下さいね〜。(^-^)
Posted by 眠り猫 at 2006年10月18日 01:31
◆さばトラ様

さばトラさんもきっと恩返ししてもらえますよ。ずっとずっと先の話なので、今から充分奉仕しておいてくださいね(^^♪

海太君は幾度もミラクルな力を発揮してくれたので、老猫介護人の☆だったんです。

あのミラクルさを、今度は他の猫さんや 今 介護真っ最中の介護人さんの力として役立ててほしいです。
Posted by あぐり at 2006年10月18日 09:00
◆眠り猫様

勝手に記事にしてしまいごめんなさい。でも、どうしても海太君にそして、眠り猫さんにお礼が言いたかったんです。

眠り猫さんが今、海太君の無事な旅立ちに安堵しているお気持ち、、すこぅし分かります。

チャボの時はこの世の終わりのような気分に落ち込みましたが、タクを見送った時には、役目を終えたと言うのでしょうか・・そんな気持ちになりました。長男にも、「お母さん、チャボの時はあんなに泣いたのに何でタクの時はあまり泣かないの?」といぶかられたほど。。タクを軽視しているわけではいのに、自分でも不思議でした。こんな風にお見送りができるなら、また新しい出会いがあってもすんなり受け入れられるという明日への橋渡しをしてくれたのかなぁって思います。
Posted by あぐり at 2006年10月18日 09:07
◆海太君

海太君が面倒を看なければならないたくさんのニャンたちがいる虹の橋へようこそ!

無事に下界での役目を終えられ、立派なニャン生でした。

ここでは今までに受けた溢れるほどの愛と共に元気な体があります。眠り猫さんが迎えに来てくれる日まで、ぼく達と一緒にニコニコ笑って待っていようね。        
         
Posted by チャボ&タク at 2006年10月18日 09:14
眠り猫さんの海太くんのご冥福をお祈り申し上げます。
20歳の高齢で複数の持病を持っていたなんて大変、苦労されたんでしょうね?
でも、今はその辛さから解放され、チャボくんやタクくん達と色々と話して楽しく遊んでるんでしょうね。
眠り猫さんのように、笑顔で送りたいし一緒に暮した事を少しでも喜んでもらえるよう頑張りたいです。

あのチャボくんとタクくんのイラストは、あぐりさん作ですか?
絵本の挿絵に描かれそうな可愛いイラストですね(*^.^*)
Posted by 伽名 由衣 at 2006年10月20日 18:53
◆伽名 由衣様

眠り猫さんの御見送りには頭が下がります。
できる事は全てしてあげられたんでしょうね。

絵は自作です。ばい菌みたいだと子どもに言われました。ウ〜ン確かに・・
由衣さんも絵を描かれるんですよね。
私には「人」が描けないし、猫を描くとバイ菌だし。。あんまり才能無いなぁ。。
Posted by あぐり at 2006年10月23日 10:35
伽名 由衣さん

海太へのメッセージを、ありがとうございました!(^-^)
介護中は、やっぱり悩んだり落ち込んだりの連続でしたが、
「悩みながらの学びの場」だったように思っています。
ニャンは、本当に大切なことを教えてくれますね…。
もしもできることなら、笑顔でお見送りすると、旅立つとき
猫さんが安心して、心配せずに旅立てるようです。
海太のような大往生で、ゆっくり時間がないと、なかなか
難しいことですね。(^^ゞ

あぐりさん

今でも、海太に励まされてますよ〜!
なかなか手がかかる飼い主みたいです。(笑)
命を見送った後、優しい気持ちになれるって、うれしいものですね。
Posted by 眠り猫 at 2006年10月26日 01:32
◆眠り猫様

まったく手がかかるワイ・・なんて言われてるんでしょうね♪

昨日眠り猫さんの所にお邪魔しました。
眠り猫さんのお言葉をみていて、またひとしきり涙してしまいましたよ。。。

こんなに愛されて、海太君幸せだ!
そんな猫さんと暮せた眠り猫さん御一家も超幸せもんです。

私にとって、老いて行く彼らを介護していくのはとても大変だし、見ていてつらいものでした。
できることなら10年とは言わない、5年前に戻してほしい!ッて何度も思いました。
それでも現実は日々衰弱して行く彼達と共にあります。そんな時、こいつらは一言も弱音を吐かず、あきらめず、前だけを見て生きている。ここで介護人が弱音を吐けるもんか。そうして介護しているはずの私が逆に励まされついて行くって感じでした。無事に見送った当初は意気消沈・・
でも時がすぎるにつれ、見えなくなってもまだ、やつらに癒されている事を感じられます。命とむきあうって、ステキな事だなってつくづく思いました。サンキュ!チャボ・タク!
Posted by あぐり at 2006年10月26日 08:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/529553
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ページトップへ