ようこそお越しくださいました

このブログは
  ファイルの容量がいっぱいになったので
新しいブログに引っ越しました
もう少しそばにいて2」へどうぞ




 
ようこそお越しくださいました

4匹の猫たちの動画をつくりました
プロフィールの猫の絵をポチッと押してごらんください

老猫・高齢猫の記事は
サイドバーのカテゴリ(けっこう下のほうです)
「高齢猫 体の変化」または「老猫お二人様」をご覧下さい

 
コメントも大歓迎です♪
コメントではなくメールを、という方は
コメント欄で、メールアドレスを入れて下さい
アドレスは表示されないのでご安心を♪

 
飼い猫としての心得
これから飼い猫として暮らす上での注意点です
猫の皆様、ぜひお読みください
飼い猫として暮らす上での注意点

 
ニャンズ支援〜
「しっぽ天使といつも一緒! ☆Nyan's Diary☆」を応援しています
下のバナーからお入りください
banner-b.gif


 
illust1924_thumb.gif

2010年06月06日

クーちゃんへ

クーちゃん ミックさんの腕の中で 旅立たれたのですね

ご冥福お祈りいたします



コメントを頂いていたのに
お返事が遅れてしまって、、
しかもこんな大事な時だったのに。。


ごめんね、ミックさん



クーちゃんは、19才かそれ以上だったのですね
という事は 本当に猫としては 充分長生きされましたね
そのぶん、思い出がたくさん たくさんあるのですよね



今まで空気のような存在になっていたと思います
居て、当たり前な存在
でも、大切な大切な、存在


たくさん泣いてもいいんです
だって、悲しいんだから
もっとそばにいてほしかったんだから



トイレに行けなくなってきたから
行きやすいように移動してあげたり

食べれなくなってきたけれど、
何とか食べて欲しいと猫用ミルクを与えたり


書くと簡単そうですが
たいへんだった事、たくさんおありだったと思います


それができたのは クーちゃんを愛していたから
クーちゃん、最後まで飼い主さんに愛されて本当に幸せだったね



6月6日 今日は芒種です

クーちゃんは 素敵な飼い主さんに出会えて幸せだっったよって
幸せの種をたくさん蒔いてくれたことでしょう






クーちゃんへ

ミックさんね、すごくあなたの事 愛していたんだよ
クーちゃんは お空に上っていってしまったけれど
またいつか 必ず大好きなミックさんに会えるからね

ミックさんに会えたら いっぱい抱っこしてもらうんだよ
いっぱい猫毛をくっ付けてやってね

そうして、その日が来たら
もう2度とミックさんのそばを離れないで

ずっとそばにいて






タグ:クーちゃん
ニックネーム あぐり at 12:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ママの腕の中で・・・
きっと、クーちゃんは、安心して眠りに着いたのでしょうね。

実は、家の近所のチャウMIXが、同じ家で飼われていた2匹の犬に殺されてしまいました。
夫が、その場にいて、家の人に知らせようとしましたが、留守で何も出来ませんでした。
私は、その話を夫としていると、泣きそうになります。(こらえて、ガレージに行きました)
避けれた問題だったので、夫は、とても怒っています。
私たちは、その犬が好きだったので、こんな死に方はしてほしくありませんでした。
Posted by なおこ at 2010年06月07日 04:10
◆なおこ様

クーちゃんは 本当に幸せなネコさんだったんですよね。
そんなふうな最期を迎えられて。。
送るほうは身を切られる思いですが
苦しんで、生きたくても生きられず
虐待の末に命を落とす子が日本には数え切れないぐらい居ます。

ペットとして飼われ 
家族の一員として愛情をかけられ
そうして、最期を家族に看取ってもらえる。
そんなことが普通にできない。
残念なことです。


ご近所のチャウMIX犬は一緒に暮らしていた犬たちと合わなかったのでしょうか。

ペットといえども 犬は犬。
仲間意識が強いだけに 行動を共にして1匹を攻撃してしまったんでしょうか。。

避けることができる問題だったということは
それ以前から何かしらあったのでしょうね。
ご主人様も その場に居たとはいえ、他人の家。
何もできなかったことで辛い思いをされましたね。

Posted by あぐり at 2010年06月07日 09:58
元気に自由に動ける身体できっと羽も
はえて虹の橋にいることでしょう。

私も動物霊園で骨にしてひとつふたつと
骨を拾っている時に、担当して下さった
方がおしゃってくれました。
「身体は魂の入れ物だから、身体がなくなっても
魂はちゃんといるからね」
「しばらくは飼い主さんのそばにいて遊んで
少ししたらちゃ〜んと空に」って

私もそうでした、毎晩一緒に寝ていて
足腰が弱っていくのを見て、私のベットに
飛び乗るのが大変かなと思い、布団で
スロープ作ったり、トイレの場所を移したり
部屋中にシーツを敷き詰めたり
余ったおむつどうしたらいいのか思ったり。

たくさん泣いて(私も年末で丸3年なのに
まだ泣来ますが(笑))泣いていいと
思います。そしておなかがすいたらご飯
食べて。

けして、一人じゃないしクーちゃんも
目には見えなくてもちゃんといるし。
あぐりさんもいますしね。

クーちゃんも頑張った ママも頑張った。

ご冥福をお祈りします。




Posted by 箱入り親父猫 at 2010年06月07日 11:09
◆箱入り親父猫様

動物霊園の方の言葉そのままですよね。

悲しみをやわらげてくれる友達が
いっぱいいます。

たとえ会ったことがなくても 猫と暮らしたという共通の思い出を語り合える友達もいっぱい。

みんなあったかい人ばっかりだ!

Posted by あぐり at 2010年06月07日 13:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2106270
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ページトップへ