ようこそお越しくださいました

このブログは
  ファイルの容量がいっぱいになったので
新しいブログに引っ越しました
もう少しそばにいて2」へどうぞ




 
ようこそお越しくださいました

4匹の猫たちの動画をつくりました
プロフィールの猫の絵をポチッと押してごらんください

老猫・高齢猫の記事は
サイドバーのカテゴリ(けっこう下のほうです)
「高齢猫 体の変化」または「老猫お二人様」をご覧下さい

 
コメントも大歓迎です♪
コメントではなくメールを、という方は
コメント欄で、メールアドレスを入れて下さい
アドレスは表示されないのでご安心を♪

 
飼い猫としての心得
これから飼い猫として暮らす上での注意点です
猫の皆様、ぜひお読みください
飼い猫として暮らす上での注意点

 
ニャンズ支援〜
「しっぽ天使といつも一緒! ☆Nyan's Diary☆」を応援しています
下のバナーからお入りください
banner-b.gif


 
illust1924_thumb.gif

2008年09月01日

違うって!

ばあちゃんが、

「網戸に見た事のないもんがくっついとるんだわ・・」と言います。

「虫のようだけど、大きいし・・」

「ペタッとくっついとる・・」


「なにが〜?」

って聞いても、「見た事のないもん」だから分かるわけないか・・

と思ったら、ボソッと

「サソリかもしれん」

なんですと〜??

サソリ!!


そりゃ大変だ

大変だ!大変だ!!

と、タモを持ってばあちゃんの部屋へ。

以前お話したように、タモは玄関に常備してあります。

サソリなんて、逃げたら大変。絶対に捕獲せねば〜〜


「どこ?どこに!」

「ほれっ、網戸に・・」

指差す網戸にくっ付いているのは


「・・・・ヤモリ」

ヤモリ・・ヤモリ〜〜〜


「ヤモリって何や?」

「ヤモリって、、ヤモリって、イモリみたいな奴」

これで説明になっているのかどうか。。

でも脱力のあまりそれ以上の説明はできず・・・(-_-)

「ヤモリは網戸の虫を食べに来てるだけだからイジメないでね・・」
それだけをやっと言い残しました。

ニックネーム あぐり at 09:04| Comment(5) | TrackBack(0) | 今日の頑張れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ばあちゃんでも、ヤモリを知らないですね。
家にもいますよ、夜しか現れないんですが、壁にピタッと、とまっています。
守り神とか聞きましたが。

サソリだったらエライ事ですね。
Posted by 味噌路男 at 2008年09月04日 22:45
ヤモリも四足ですから、カンコロは大丈夫です。
さそりは四本以上ですからだめです。
いや、そういう問題ではないですね。

ヤモリさんもかつては気軽に家の周り、家の中に入れなかったのに、チャボちゃんやタクちゃんのいないのがわかったのか久しぶりに出てきたんでしょうねぇ。
Posted by カンコロ at 2008年09月05日 17:37
◆味噌路男様

ホント、えらい事です!

家守って漢字で表すこともありますよね。
網戸にとまっていると、手のひらが見えます。指先のプックリが可愛いです。


◆カンコロ様

もしサソリだったら通報ものですよね。
猫が居たら、大騒ぎで網戸破壊ですね。
Posted by あぐり at 2008年09月06日 08:42
>家守
ほんとだ!!!

 家にいるやつはグレーとカーキーが混ざったような色をしています。初めて会った時は、「なんだこいつは?」と思いましたが、特に悪さをするわけでもなく、きっとセッセコ蚊を食べていてくれていたのかもしれません。

 確かにスパイダーマンのように重力と戦っていますね。今度ツンツン、いや、、なんで重力と戦えるのか拝見させてもらいます。噛み付かれるかも!?
Posted by 味噌路男 at 2008年09月08日 00:00
◆味噌路男様

中国では壁虎と言うそうで、やはり家を守ってくれるという生き物のようです。

見ていると可愛いですが、けっこうすばしっこくて、なかなか捕まえられません。
きっと、サラッとしてるんだろうなぁ〜なんて想像してますが。。
Posted by あぐり at 2008年09月08日 09:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1482375
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ページトップへ