ようこそお越しくださいました

このブログは
  ファイルの容量がいっぱいになったので
新しいブログに引っ越しました
もう少しそばにいて2」へどうぞ




 
ようこそお越しくださいました

4匹の猫たちの動画をつくりました
プロフィールの猫の絵をポチッと押してごらんください

老猫・高齢猫の記事は
サイドバーのカテゴリ(けっこう下のほうです)
「高齢猫 体の変化」または「老猫お二人様」をご覧下さい

 
コメントも大歓迎です♪
コメントではなくメールを、という方は
コメント欄で、メールアドレスを入れて下さい
アドレスは表示されないのでご安心を♪

 
飼い猫としての心得
これから飼い猫として暮らす上での注意点です
猫の皆様、ぜひお読みください
飼い猫として暮らす上での注意点

 
ニャンズ支援〜
「しっぽ天使といつも一緒! ☆Nyan's Diary☆」を応援しています
下のバナーからお入りください
banner-b.gif


 
illust1924_thumb.gif

2007年11月29日

獣臭い

獣臭いのは

シシ肉です。

昨日、猟師のおっちゃんがシシを獲ったから取りにコーイ
と言うわけで、シシ肉を頂きました。

薄切りにしてソテーにしてみました。

獣臭い、、、獣臭いぞー(-_-;)



近所のシシ肉や、鹿肉を扱うお料理店の軒先に
既に4頭のシシがぶら下がっていました。

毎朝見てしまうんです。見なきゃいいのに見てしまうんです。

そして昨日とうとう我が家にシシのおこぼれが来てしまったのです。


これから冷凍庫の中には
牛よりも豚よりもシシや鹿の占める割合が増えそうです。


撃つのは絶対無理だけど、肉なってしまったシシや鹿は、
食べてあげないとなりません。

獣臭いけど、何とか美味しく頂かないとバチが当たります。

060308_114931肉球.JPG
猫パ〜ンチ!するよパンチ exclamation×2してほしい揺れるハート

いやいや、ちゃんと美味しく頂きますって!

ニックネーム あぐり at 10:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 今日の頑張れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シシ肉って、ちょいとクセがありますよね。
でも、そうそう・・・ 美味しく食べてあげるのが礼儀ですね。
シシ肉の味噌漬けなるものが確か土産品でありました。
買った事はありませんが レストランで一度 食べた事があります。
チョコッと お肉が乗ってて、結構 イイお値段でしたふらふら

その肉球の持ち主は・・・。  チャボ様ね! ふふふふふ♪
Posted by みみ子 at 2007年11月29日 17:02
うふっ ピンクの肉球
カワイイ〜♪

シシ肉ですか・・
私 食べたことないです。
美味しいのかな・・
獣臭いのですか・・う〜むw
Posted by すず at 2007年11月29日 17:58
私も一度、シシ肉を食べた事があります。
ぶ〜ちゃんとモ〜さんが合わさったような味でした。
家畜として飼われている動物って、美味しいから飼われているんですね。
自分の中でははっきり整理が出来ていませんが、自己満足の殺生は人間のエゴですね。

鹿も一度食べた事があります。
北海道ですが、脂が乗り過ぎていて、朝ごはんとして食べたのでNGでした。

話は変わりますが、今日、再びチャボと再会しました。
距離にして、10mが詰められませんでした。
今日は時間をずらしての出勤だったので、たぶん時間が分かっているのだと思います。
賢いです!

Posted by 三十路男 at 2007年11月29日 19:30
◆みみ子様

牡丹鍋にするのが良いのでショウネ。
味噌でクセを隠す。そういえば、鯉もクセがあるから酢味噌をつけるし、味噌ってすごい。

チャボのこれは左手ですが、この左手にある茶色い毛の色が大好きでした。深みのあるこげ茶です。チャボがいなくなっても、この前足だけは残しておきたい!って心底思いました。そんなわけにも参りませんから、今はその色を忘れないように。。
ボケてますけどこうして残っていてラッキーです。


◆すず様

しし肉は臭いです。
何だろ?やっぱり獣臭い、、脂が独特です。これが味噌仕立ての鍋ならさほどではないですが、フライパンで焼きましたから。。ニンニクとあいまってそれはそれは・・・芳しいカホリが。。

でも、お正月前のこの時期が一番美味しいのだそうです。
でもでもでも、
あんまり里に出てこないで欲しいな。。


◆三十路男様

よく料理屋さんで出るような美しいピンクっぽいしし肉は人に育てられたシシだそうです。
野生のシシは赤黒いと言うのか、赤が濃くて黒っぽいくらいの色です。

シシよりも鹿の方が口に合うかな〜
北海道の鹿はすごく美味しかったのを覚えています。食べているものが違うのかなぁ〜

ただね、必要として食べているわけではないので、できれば撃たれないように潜んでいて欲しいです。
そんな気持ちもあり、また実際被害にあっている農家の事も身を持って知っているので、山と里の区別というのか、境界線がきちんと引かれるといいな、、と思います。

2つの気持ちの中で揺れながらも、
猟ったから(リョオッタ・・猟をしたという意味です)取りに来いと言われれば、それはありがたく頂きます。。

チャボ様に会いましたか。
猫って、微妙な距離をよく知っていますよね。あと少しで手が届くという範囲を超えると、ススッとまた手の届かないであろう所まで移動します。後ろから近寄っても、見えてなくても移動します。そんな時の猫の耳はハッキリとこちらを認識するかのように後ろ向き!すごく緊張して、全身が耳になっている所が、、かわいい〜。

しょっちゅう会えるようになると、きっと、「ここまでなら良いよ」っていう猫の許可範囲が狭まって来ると思います。そうなればチャンス!ですね。誰かさんがエラバリにグリグリできたように(^^♪


Posted by あぐり at 2007年11月30日 09:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1217056
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ページトップへ