ようこそお越しくださいました

このブログは
  ファイルの容量がいっぱいになったので
新しいブログに引っ越しました
もう少しそばにいて2」へどうぞ




 
ようこそお越しくださいました

4匹の猫たちの動画をつくりました
プロフィールの猫の絵をポチッと押してごらんください

老猫・高齢猫の記事は
サイドバーのカテゴリ(けっこう下のほうです)
「高齢猫 体の変化」または「老猫お二人様」をご覧下さい

 
コメントも大歓迎です♪
コメントではなくメールを、という方は
コメント欄で、メールアドレスを入れて下さい
アドレスは表示されないのでご安心を♪

 
飼い猫としての心得
これから飼い猫として暮らす上での注意点です
猫の皆様、ぜひお読みください
飼い猫として暮らす上での注意点

 
ニャンズ支援〜
「しっぽ天使といつも一緒! ☆Nyan's Diary☆」を応援しています
下のバナーからお入りください
banner-b.gif


 
illust1924_thumb.gif

2009年03月07日

目を細めるとき

前回の記事で



若い猫は 明るい所で目が細くなるという
ごくごく猫らしい部分を
再発見したのですが、


目ん玉じゃなくて 目 自体を、、
なんて言えばいいのでしょう??
あの可愛いお目目をつむ(ぶ)り加減に細めて人を見るときがあります。


全ての子がやるわけではないのかもしれませんが、
(鯛はやりませんので)
我が家では味噌を含めた黒猫はみんなやります。

たとえば

名前を呼んだときに 
少し離れたところで
目をつむ(ぶ)るのか、つむ(ぶ)らないのかという 
きわどい状態でこちらを見ます。

おもちゃを出してほしいとき ご飯がほしいとき
やっぱり目がつむ(ぶ)り加減になります。

そうして、
そんな目をしているときに「どうした?」と聞いてやると
小さい声で「ピャー」と声を出して鳴くか
声無しで「ピャー」の口の形をします。


絶対に何かを話しかけている!と思います。
猫の言葉の意味がわからないのがもどかしいです。
(マァ、様子からして遊びかご飯かは分かりますが^^♪)

反対に、猫のほうは
「ご飯だよ」と呼びかけると
きちんとエサの容器の前にやって来ます。
(これは黒猫じゃなくてもできます)
味噌の場合
遊んでほしいときに「おもちゃは?」と問いかけると
ちゃんと探しますです。
すんごいオリコウさんだ!と思います。

猫は自分に都合の良い人語だけは完全に理解している!!

猫に遅れを取っていると感じる瞬間です。。


鯛は、、

ニックネーム あぐり at 12:08| Comment(7) | TrackBack(0) | ちび猫お二人様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページトップへ